雨樋の個人での修理タイトル

雨樋の修理方法 種類

屋根に傾斜が設けられている場合、雨天時に屋根の端から無数の雨水が滴り落ちる事を予防してくれるのが雨樋ですが、常に屋外に設置されているからこそ風雨の影響を受けやすく劣化しやすいという特性があります。
そのため、比較的高い頻度で修理をしたり新しい物に付け替えをしなければならないのですが、修理方法には大きく分けて2つの方法が存在します。
それは修理を請け負って頂ける専門業者に対して依頼する方法と個人的に作業に従事する方法であり、個人的に作業に従事する場合でも一定の知識と道具、環境を揃える事ができれば進めていく事が可能です。
最良の方法は専門業者に連絡し作業を完了して頂く方法ですが、ホームセンターなどで部材や道具を買い揃えて滞りなく完了させている方々も実際に大勢居るので、チャレンジ精神が強い方や自分の自宅は自らの手で直したいと考えている方はチャレンジしてみましよう。 雨樋修理 破損

雨樋の修理方法 個人で修理する場合

まず、自らの手で進めていく場合の修理方法では事前に道具を揃えておく事が重要になります。 最低限必要になるのは電動ドライバーをはじめパイプをカットする事が可能なのこぎりやビス、釘を抜くためのバールやコーキング、雨樋用の糊や脚立などです。 言わずもがな、雨樋というのは屋根の端に設けられている設備であるが故に必然的に作業を行う場所は高い場所になるので、たとえ脚立を用意していても手が届かない事は珍しくないため、足場もしくは長くて安定的なはしごも用意しておくべきです。
作業に従事するための環境が整えられたらいよいよ新しい雨樋を手に入れる事になりますが、実は一言で言ってもその種類は100種類を超えていますしメーカーの数も6社あります。 基本的に同じサイズ・種類であればメーカーが異なっても互換性があるものの、根本的にサイズ・種類を誤って選択をしてしまうと取り付けられなかったり、一見取り付けられたように見えたとしても途中段階で雨漏りが生じ機能を果たさなくなるので注意が必要です。
正しいサイズ・種類を用意する事ができたらいよいよ屋根の端と同じ目線になるまで高所に上がり既存の雨樋を外す事になりますが、爪という部分で固定されているので爪を少し開いてから外すように気を付けましょう。 通常であればその後新しい物に付け替えるだけで良いのですが、廃盤の物から現行品に変更する時には金具の互換性が無いので予め用意してあるバールで固定具の釘と共に取り去ってしまいましょう。
雨樋修理 個人で修理する場合

▲ページトップに戻る