雨樋の修理タイトル

雨樋修理の費用相場 

雨樋は、屋根を流れていく雨水などを受け止めて集めることができる製品のことです。集めた水を下水や地上に流していくことによって、住宅の腐敗などを防いでくれる重要な役割があります。実際に、雨樋が存在しないと屋根から外壁に対して直接的に雨水が流れてしまうことになりますので、すぐに劣化が置きやすい状況になってしまいます。
そのため、雨樋の劣化が見られた段階ですぐに掃除・補修・交換・修理といった対策を考えなくてはいけません。ただ、素人がこうした対策を行うことを考えても、満足な足場も作ることができませんのでなかなか難しいという難点が存在します。
そこで、専門の業者に修理を依頼するわけです。相場とは言っても、屋根全体の修理をするわけではありませんのでそれほど高い金額になることは滅多にありません。高くても30万円程度の相場で行ってもらえますし、一部分の修理で良いのならばわずか数万円程度で実施してくれます。 雨樋修理 掃除

雨樋修理の費用相場 詳細

修繕費用として必要になるのは、だいたい以下の四つです。まず、雨樋全体の交換費用でこれは20万円前後が必要になります。ただし、上記でも述べたように一部分だけで良いのならばもっと価格は安くなります。そして、足場設置費用です。これに関しては5万円から10万円程度の費用が必要になります。さらに、工事によって生じた廃材の処理費用と新しい雨樋の設置費用です。これら二つの費用を合わせて約5万円が相場です。このように、計算すると全体的な相場としては約30万円前後になっています。
そもそも、雨樋の修繕を行うときにはその原因となるものを取り除くことが大切だと考えられています。例えば、雨樋の詰まりやゴミを改善することで状況が良くなることもあります。この場合には、大きなお金は必要になりません。雨水が流れていく時に必要になる集水器と、それを下に流すための装置はゴミが溜まりやすくなっていて定期的なメンテナンスが不可欠です。そのため、この問題を解決することで状態が良くなるのならばそれで構いません。
反対に、経年劣化によって雨樋自体に穴が開いてしまっているときには、相場通りに30万円程度の費用を支払って全て付け替えてもらう必要があります。経年劣化の場合は消耗しすぎてどうすることもできないことが多いので、中途半端にするのは良くありません。原因によっては安く済ませることもできますが、どの程度の相場になるのかはきちんと状況を見極めて判断することが大切です。 雨樋修理 汚れ

▲ページトップに戻る